キーワード広告の出し方

キーワード広告の出し方 



キーワード広告とは
GoogleやYahooなどの検索エンジンから医院のホームページを見てもらうために有料の広告を掲示する方法をご紹介します。

予算は自由自在
キーワード広告は、いつでも広告費用の予算設定を変更できるため安心して利用できます。

固定費用はありません。
広告予算は自由に決められます。
たとえば、1 日の予算を 300 円、広告のクリックの上限単価を 12 円というように設定することができます。

クリックに対しての支払い
広告が表示された際ではなく、広告がクリックされた際に料金が発生します。
医院名の認知だけならば費用がかからない。

キーワード広告を併用したオンデマンド情報提供術とは

【キーワード広告を併用したオンデマンド情報提供術とは】

■ Yahooや機器などの検索エンジンからブログを見た来院予備軍の方々が、少しずつ興味を持ってもらい、来院・受診へのモチベーションをステップアップしていく仕組み作りを提供します。
それぞれの情報請求をいただいた方々には、研究会から個別にキーワード広告のお手伝いを行います。
■ ホームページを作っただけでは即効性がありません。
ホームページ+キーワード広告が最強の組み合わせとなります。
■ その他、来院予備軍の方々が、とかくハードルの高い歯科医院への来院へのモチベーションを高めていただくさまざまなアイデアを盛り込んでいます。



【インターネット予約】
簡易型インターネット予約システム(オプション)を導入すると、患者さんの来院へのハードルが下がります。
フォームに入力していただいたメールアドレス宛に予約確認のメールを自動送信します。

【無料電話相談】
ご興味のある方に無料電話相談を実施して来院への不安を取り除いて下さい。
電話番号はなるべく目立つように表示します。

【資料請求】
さらに先生方の医院にご興味を持っていただいた方々には医院のパンフレットを送付します。
医院の紹介や最新設備の解説、思わずお友達に教えたくなるような内容の高品位のなパンフレットを用意します。
せっかくご住所を教えていたたいた方々なので、定期的にダイレクトメールなどで、最新の医療情報をご提供いたします。(年二回)

【ニュースレター購読】
年4回、A4判2ページのニュースレターを制作いたします。
学会・セミナー報告、新規設備、新規スタッフ紹介など医院のファン倶楽部になるような内容で、院内の患者さんにもお配りいただけます。


これらの仕組みを先生方やスタッフの方が行うことは至難の業です。
また、コンテンツを持っていないHP業者や経営コンサルタントにはとても出来ないことです。
これらの仕組みはすべて、2004年以来、経産省中小機構の後援により進めてきた「eリーフプロジェクト」の成果である研究会のデータベースとテンプレートがあればこそ可能になるのです。

ToWaプロジェクトの「eリーフ計画」が経産省中小機構ベンチャー支援事業に認定されました。下記の採択テーマ一覧の10番です。

▲このページのTOPへ

歯科医院ホームページ制作・歯科医師のためのホームページ活用講座