ホームページのリピートアクセスの問題点

レストランや服屋さんなど多くの実店舗では、一度来店してくれた人にリピートしてもらえるかどうかが、売上げを大きく左右します。

毎回毎回、広告だけで集客していると、お金がいくらあっても足りませんから、広告で来店した人にその場で満足いただいて、次回の来店につなげようとするわけです。

しかしながらホームページの場合、このリピートアクセスというのが非常に難しいのです。

なぜなら、実店舗の場合はそのお店の場所をたいてい覚えています。

「あの角を曲がった先の、緑の看板のお店」とか、「あのショッピングモールの2階の角」とかいうふうに、「何となくあの辺だ」というのを覚えていますから、次にその店に行きたくなったときにも、それほどトラブルなく来店することができます。

ところがホームページの場合はそうはいきません。

ホームページにアクセスするには、ホームページアドレス(URL)を入力する必要がありますが、これを覚えている人はほとんどいません。

実店舗の場合は「だいたいあの辺」で目的地に到達できますが、ホームページの場合は「ホームページアドレス」の「すべての文字」が正しくなければ、あなたのホームページは表示されないのです。

たった1文字違っただけで、あなたのホームページは決して表示されないのです。

当然、すべての文字を覚えている人はいませんから、実店舗に比べるとリピートアクセスは非常に少なくなってしまいます。

もちろんブラウザーの「ブックマーク(お気に入りへの登録)」を使ってリピートアクセスする人もいます。

しかしほとんどの人は、あなたのホームページをブックマーク(お気に入りに登録)しませんし、またブックマークした場合でも、たくさんの「お気に入り」から、わざわざあなたのホームページを選んで再度アクセスする人は、極めて少ないでしょう。

(これは、ご自分の経験で判断されてもそうだと思います。お気に入りに入れたけれど、その後アクセスしていないホームページがたくさんありますよね。)

というわけで、ホームページにおいてはリピートアクセスさせるのは、かなり難しいということがおわかりいただいたことと思います。

一昔前に「ホームページのコンテンツを毎日更新して、リピートアクセスを目指そう」というような「理論」が流行りましたが、個人的にはこの考え方にはあまり賛成できません。

実店舗に比べてはるかに難しい「ホームページのリピートアクセス」を一生懸命目指すよりも、最初のアクセス時に「勝負する」方が、よほど理にかなっていると思うからです。

いずれにしても、「ホームページでリピートアクセスしてもらうのは、実店舗に比べてはるかに難しい!」という点だけは、よくご理解下さい。

アクセスアップはリピータの確保から

ホームページのアクセスアップというと、みなさん「検索サイト」対策に大変な労力を注がれます。

確かに検索サイト対策は「新規アクセス」を獲得するためには、安価な方法なので、ホームページ立ち上げ時には非常に重要な対策です。

ただ忘れてならないのは、アクセスの大部分は「リピートアクセスが占める」という事実です。

例えば【ブログdeホームページ】のホームページには、毎日1,500人から2,000人の人が訪れてくれますが、そのうち検索サイト経由の「新規アクセス」は1割もありません。

ほとんどのアクセスは、「リピーター」の人達のアクセスです。

実店舗でも、新規のお客さんを開拓するよりも、リピート顧客にご購入いただく方が簡単だと思いますが、ネットも同じこと。

新規アクセスを増やすだけでなく、一度アクセスしてくれた人達に再度アクセスしてもらう仕組みを作りましょう。

そもそもホームページにアクセスした人のうち、初回アクセス時に商品を購入してくれる人はほとんどいません。

 
何回もアクセスした上で、初めて商品購入の決断を行うのです。

従って、新規アクセスを追い求めるよりも、リピートアクセスを増やした方が、商品を購入してくれる可能性ははるかに高まります。

この意味で「うちのサイトはアクセス数が少なくて」とお嘆きの方は、「リピートアクセス」の仕組みがあるかどうかを、ぜひ考えて下さい。

コンテンツによるリピートアクセスは難しい

さてそれでは、リピートアクセスしていただくための仕組みとしては、何がよいでしょうか?

この仕組みには大きく二つあります。

一つは「何度もアクセスしたくなるコンテンツを用意すること」です。

ニュース系のサイトや、コミュニケーション系のサイトは、この路線でリピートアクセスを稼いでいます。

ただ、普通の中小企業の方がこれをやると、「相当大変」です。ほとんど「更新するのが仕事」状態になりますので、あまりおすすめしません。

もちろん既にホームページのコンテンツが非常に充実していて、アクセスした人がそのコンテンツ見たさに何度もアクセスする、というような状況になれば、リピートアクセスは充分期待できます。

しかし「何度もアクセスしたくなる」ようなコンテンツを用意できる企業は少数派でしょう。

そしてそうしたコンテンツを用意できない会社では、なかなか「リピートアクセス」してもらえないと思います。

電子メールによるリピートアクセス

こうした会社さんにおすすめなのが、「メルマガ」を発行することです。

新規アクセス時に登録してもらったアドレスや、商品を購入してくれた方のアドレスに対して、定期的に電子メールを発行し、ホームページへ誘導する方法です。

ネット上で最も効率的な集客方法は、この「メルマガによる集客」です。

アドレスを継続的に集めて、そのアドレスに定期的に電子メールを送っていると、アクセス数はすぐに「何倍」にもなります。

先ほどもお話したように、多くの人は一度訪れたホームページを二度と訪れません。

そしてその理由は、そのホームページのアドレスを覚えていないからです。

そこで、「ホームページアドレスを覚えていないなら、こちらからそのホームページアドレス(URL)を教えてあげよう」という発想が出てきます。

つまり電子メールを利用して、購読者に自分のホームページアドレスを教えてあげるのです。

一度アクセスしてくれた人にメールアドレスを登録してもらい、その収集したメールアドレスに対して電子メールを送信することにより、ホームページへのリピートアクセスを目指します。

成功しているECショップは例外なくこの「電子メール(メールマガジン)を活用したリピートアクセス」を重視しています。

あなたもアクセスを増やしたいのであれば、この電子メールの活用は必須だと思います。

そして私の経験から申し上げると、このメルマガの発行によるリピートアクセスを目指していると、簡単に売上げが5倍くらいになります。

 

というわけで、ホームページを開設した後、検索サイト対策の次に実施すべきなのは、「収集したアドレスに対するメルマガ発行」というわけです。

ぜひあなたもメルマガの発行を通じて、リピートアクセスを目指して行ってください。

▲このページのTOPへ

歯科医院ホームページ制作・歯科医師のためのホームページ活用講座